赤ちゃんの便秘と母乳

赤ちゃんの便秘の原因が母乳にあると感じてお母さんが食べ物に気をつけているという話を聞くことがあると思います。しかし、実際にはお母さんの食べ物によって赤ちゃんの便秘が解消するというのは根拠がないものといわれています。それは一般的に便秘に良いとされる食物繊維などを多く含む食材をお母さんが摂取しても、母乳の成分に食物繊維が増えることはないからです。

母乳に原因があると考える前に本当に便秘ですか?

赤ちゃんと母乳 母乳を飲んでいる赤ちゃんとミルクを飲んでいる赤ちゃんではうんちの量が違うといわれています。赤ちゃんのうんちは食べたものの残りカスです。母乳は吸収がよいのでミルクに比べて便の量が少なくなります。便はある程度の量が溜まってから排泄されるので、もし一週間に一度しか排便がなくても柔らかい便が出ているようであればそれは便秘とはいえません。便秘かどうかを判断するには、赤ちゃんが辛そうにしていないか、母乳の飲みがよくないなどを総合的に判断しなくてはなりません。

便が出ないからといって母乳不足と考えるのもちょっと早すぎます。母乳が不足しているかを判断するのはおしっこの量と体重です。母乳不足だった場合には、体重の増加があまり見られない、おしっこの量が少ない、授乳時間が長いなどの状態が見られるようになります。

母乳を飲んでいる赤ちゃんが便秘になったら、おなかのマッサージをする。砂糖水を飲ませるなどの方法がありますが、心配ではあれば医師に相談するのが一番です。

オススメの便秘解消法

色々試してもダメという方にはルイボスティーを飲んでみるという方法もあります。

ルイボスティーはノンカフェインで優しい飲み物なので赤ちゃんが飲んでも大丈夫なお茶です。

美容のために飲む方が多いお茶ですが、腸の環境を整える作用もあって、赤ちゃんのためにもとても良いお茶です。
便秘の解消、腸の調子を整えると、沢山の声をいただいています。
TOPPAGE  TOP