赤ちゃんの便秘とマッサージ

赤ちゃんが便秘かなっと思った場合には食事の改善の他にも方法があります。 マッサージも赤ちゃんの便秘解消法の一つです。マッサージは全身的な運動からおなかのマッサージ、肛門周辺のマッサージがあります。

おなかのマッサージ

おなかのマッサージは「の」の字を書くようにマッサージするのが有名です。赤ちゃんを仰向けにしておなかのあたりで「の」字を書くように手を動かします。大腸の形をなぞるように動かすことで便をお尻の方に押し出します。あまり力を入れて行うと赤ちゃんに不快な思いをさせるので注意しましょう。

肛門周辺のマッサージ(刺激)

綿棒浣腸ともいわれる方法ですが、ベビーオイルなどを塗って滑りよよくした綿棒を赤ちゃんの肛門に少しだけ入れて刺激します。肛門周辺を刺激することによって赤ちゃんの便意を促します。即効性のある方法なので多様しがちですが、肛門周辺を傷つける恐れもあるので慎重に行ってください。注意する点は肛門近くに便が見えている場合、綿棒などでかき出す行為は摘便といって厳密には医療行為にあたるので医師と相談のうえ行ってください。

全身運動

体全体を動かす種類のマッサージですが、運動は腸の働きを活性化する効果が期待できるので自由に体を動かせない赤ちゃんには効果的です。 方法としては仰向けにした赤ちゃんの足を前後に交互に伸縮させるものや、赤ちゃんの両わきに手をあてて持ち上げ、軽く左右にゆすってあげる「ゆらゆら運動」などがあります。いずれも運動不足な赤ちゃんには腸を刺激する効果があります。

赤ちゃんの便秘の予防や対策は食事と運動を総合的に組み合わせて行うことが大切です。これは成人の便秘と同じですね。

オススメの便秘解消法

色々試してもダメという方にはルイボスティーを飲んでみるという方法もあります。

ルイボスティーはノンカフェインで優しい飲み物なので赤ちゃんが飲んでも大丈夫なお茶です。

美容のために飲む方が多いお茶ですが、腸の環境を整える作用もあって、赤ちゃんのためにもとても良いお茶です。
便秘の解消、腸の調子を整えると、沢山の声をいただいています。
TOPPAGE  TOP