離乳食と赤ちゃんの便秘

赤ちゃんの便秘 赤ちゃんの便は離乳食を始める頃から変わり始めます。少しずつ形のあるものを食べることによって便が硬くなっていきます。毎日排便する赤ちゃんもいれば二日に一回の赤ちゃんもいます。毎日出なくても個人差があるので簡単に便秘と決め付けることはできません。 赤ちゃんの様子を見て辛そうにしていないか、いつもより便の回数が少なくないかなどよく状態を把握して便秘の判断としましょう。

離乳食期の赤ちゃんの便秘を解消するには離乳食の食材にも気をつけましょう。基本的には食物繊維の豊富な食材やフルーツに含まれる果糖などが良いとされていますが、水分をよく摂ることも大切です。

ここで注意しなくてはいけないのは便秘予防と便秘解消ではちょっと意味合いが変わってきてしまう点です。水分が足りない状態で食物繊維を摂りすぎると便が余計に硬くなって排便しにくくなってしまう場合があります。便の状態を確認して水分が足りないのか、食物繊維が足りないのか、腸の働きがよくないのかを見極めましょう。しかし赤ちゃんの便秘の予防という点では食物繊維、水分がバランスよく摂れる離乳食メニューを考えるのが効果的です。

離乳食期の赤ちゃんの便秘にお勧めの食材

水分不足と感じられる場合にはスープや果汁が多めの離乳食が適しています。特に離乳食が始まると今まで食べたことのない固形物が体内に入ってくることになるので、満腹感から水分の摂取量が減る場合があるので注意しましょう。

便の量が少ない場合です。食物繊維が不足するということは便の量が減るということにつながります。こういった赤ちゃんの便秘の場合は食物繊維の豊富な食材を離乳食に取り入れることが重要。バナナやさつまいも、きのこ、コーンフレークなどのほか豆類も効果的です。

腸の働きが悪い場合は体操やマッサージも効果がありますが、離乳食という観点で考えるとヨーグルトやオリゴ糖などの入った食材で腸内環境を整えてあげるのも効果があります。

離乳食期の赤ちゃんの便秘の予防と対策には使用する食材がとても重要です。便の状態を確認しながら色々な食べ物をバランスよく摂るようにしましょう。

オススメの便秘解消法

色々試してもダメという方にはルイボスティーを飲んでみるという方法もあります。

ルイボスティーはノンカフェインで優しい飲み物なので赤ちゃんが飲んでも大丈夫なお茶です。

美容のために飲む方が多いお茶ですが、腸の環境を整える作用もあって、赤ちゃんのためにもとても良いお茶です。
便秘の解消、腸の調子を整えると、沢山の声をいただいています。
TOPPAGE  TOP