砂糖水って効果あるの?

砂糖水と便秘 赤ちゃんの便秘には砂糖水が効果的というのはよく聞く話です。赤ちゃんの便秘の対策としては昔から有名なものらしいですね。しかしなぜ砂糖水が効果的なのでしょうか。

便の作られる仕組みですが、口から入った食物は胃で消化された後、小腸で栄養分を吸収します。その後大腸で水分が吸収され、残ったものが便となります。便秘の際に砂糖水がよいとされている理由が大腸での水分の吸収にあります。

赤ちゃんの便秘が便が硬くなっているために起きる状態である場合、砂糖水を飲むことによって便が柔らかくなる効果があります。これは大腸で水分が吸収される際に浸透圧の効果によって便に水分が保持されやすくなり、結果として柔らかい便になるというものです。実際に下剤などには同じような仕組みで排便をさせるものもあります。

便秘の赤ちゃんに砂糖水を使用する場合は濃度と量に注意しましょう。当然ですが飲みすぎはよくありません。砂糖水を作るときはだいたい5%くらいの濃度よいでしょう。(100ccの水に対して5g程度の砂糖)

砂糖水を飲ませるタイミングは授乳の合間でよいでしょう。特にいつ飲ませなければいけないという決まりはないので、赤ちゃんの様子を見て随時与えていきましょう。

赤ちゃんの便秘は様々な原因で起こるものです。便秘の状態に合わせた対策が必要になりますので、すべての便秘に砂糖水が効果的というわけではありません。一週間排便がなくても便秘ではなかったという例もあります。ご家庭での対策がうまくいかない場合は医師に相談してみましょう。

オススメの便秘解消法

色々試してもダメという方にはルイボスティーを飲んでみるという方法もあります。

ルイボスティーはノンカフェインで優しい飲み物なので赤ちゃんが飲んでも大丈夫なお茶です。

美容のために飲む方が多いお茶ですが、腸の環境を整える作用もあって、赤ちゃんのためにもとても良いお茶です。
便秘の解消、腸の調子を整えると、沢山の声をいただいています。
TOPPAGE  TOP